はてなブログからWordpressへ移行してきたばかり。ただいまデザイン考案中!

【キッチン】感想 心拍数爆上がり必至! PSVRを買ったらまず体験したい最恐ホラー(100円)

唐沢

え?
PSVR持ってるのにキッチンをプレイしてない?

それはいけないね。

ほら、キッチンの主人公みたいに両手両足を椅子に縛り付けてからVRゴーグルを被せてあげるからそこへ座って。

シャオリン

ぃいやああぁぁ!
私はホラーは本気でダメのダメダメだから!
やめてよして触らないでー!

七徹さん

キッチンはホラーが苦手な奴にムリヤリやらせちゃダメだと思うわ……
いやマヂで。

タイトルは可愛らしいが中身は世界最高峰レベルのVRホラーデモって言っても過言じゃねえぞ。

俺はキッチンのおかげで、バイオハザード7はVRでプレイしないようにしようと決心することができたわ。ありがとう。

キッチンとは
PSVR専用ゲーム。バイオハザード7用のVRデモとして作られた。
PSStoreで購入可能で、価格は100円。

たった100円で絶叫の恐怖を体験できる

ゲーム開始3秒後に「アカン」って思った最初のシーン。

キッチンはホラーゲームと言ってもゲーム性は一切なし。
まあ、ホラー映像コンテンツといった位置づけだな。

尺はせいぜい4~5分程度。価格は100円

ホラー作品をVRで体験した時の威力というものを手軽に味わうには絶好の作品だ。

PSVRを買ったらとりあえず「キッチン」をダウンロードしてみろ!

100円の価値は確実にある!

たとえ怖すぎて最初の5秒でやめてしまったとしても、損ではないと思う。

「怖すぎて100円の価値があるかどうかすら判断できなかった」っていう素晴らしい体験ができるぜ!

唐沢

んなオーバーな……
ちょっと目の前で人が刺し殺されたり
生首が飛んできたりするだけじゃん

七徹さん

お前みたいなホラー耐性100%で、グロもバイオレンスも大好きな奴にはオーバーに聞こえるのかもしれんが……

キッチンは怖すぎてヤバイって結論がもう出てるからな。

VR体験ゼロの知人たちにプレイさせてみた

「怖いのダメだから! ダメダメ、絶対無理!」とか言ってる人を見るとさ、カモというか何というか……何が何でも怖いのをやらせてみたくなるよね?

さらに、VRそのものに触れたことないとなるとさ、プレイさせる側としては反応が楽しみで仕方ない。

ということで、さっそく身内数人にやらせてみた。

嫁にやらせてみた

嫁はホラー耐性・グロ耐性ともに標準、またはやや高めだと思う。

むしろ好奇心が勝り、自分から見に行くタイプ。

しかしながら、感受性が豊かというのか、反応が実にストレートなので恐怖アンテナも感度良好らしく、期待通りの反応を見せてくれた。

男が後ろから刺されるシーンで「うわあああっ!」って叫びながら、亀みたいに後ろへひっくり返ってた。

後ろに物が置いてあったら危険なレベルだったw

見てて面白いけど、このタイプの人にキッチンをプレイさせる場合、周囲の置物やPSVRを破壊されないように注意しよう!

嫁のお母さんにやらせてみた

嫁のお母さんは自他共に認めるホラー耐性ゼロの女。

最初はこのゲームをプレイすること自体嫌がっていたが、強引にやらせてみた。

なんと、一番最初のシーンで味方の男がノッソリ立ち上がるシーンで絶叫し、文字通りパニックに陥った。

早ッ!w

味方の男が近寄って来ただけで絶叫してた。

まぁ、気持ちは分かる。

VRゴーグルを被るとマジで強烈な没入感があり、ただ薄暗いボロボロの家屋で手足を縛られている状況にいるっていうだけで、相当な恐怖を感じる。

FPSとグロが得意な友人Hにやらせてみた

彼はホラー耐性・グロ耐性ともに非常に高い。

というか、むしろグロ大好き君。

「おぉ~」「リアルだ~」と感想を淡々と述べるだけで、叫ぶとか一切無し。

くっ……こういう奴もいるのな。つまらぬ……!

こういうのをVRで見てもビクリともしない奴も世の中にはいる。

最近会社を辞めて無敵となった友人Yにやらせてみた

彼はグロ耐性はどうだか知らないが、ホラー耐性は無いようだ。

自分で「俺ホラーはだめだ!」って連発しててなかなかPSVRを付けようとしない友人Y。

試しにやってみて、もうどうしてもダメだ!って思ったら目を閉じてイヤホンを外しちまえばいいじゃん、っていう提案に恐る恐る乗ってきた友人Yだったが……

↑このあたりで限界が来たらしく、イヤホンを外すことも忘れてとにかく耐えるようにジッとうつむいてしまうのだった。

そしてパニくったり絶叫したりせず、うつむいたまま「……止めてくれ、頼む……」って呟いてたw

こういうパターンもあるw

(おまけ)体が弱い友人Nにやらせてみようとした

自分「Nもやってみなよー!」

N「オレは体に障りそうだから、やめとくよw」

か わ さ れ た ! w w w

本当に自分の体を庇って言ったのか、単なる恐れ隠しなのか、判断が付かないw

しかし、彼は過去に2度ゲーム中に癲癇(てんかん)発作が発動し、救急車で運ばれていった実績があるのは事実だった。

身体がちょっと弱いのは本当だ。

であれば、キッチンの怖すぎる恐怖演出のせいで発作を起こし、救急車沙汰になってしまう可能性も確かにあるような気がする……。
なので、彼にキッチンをプレイさせるのは断念した。

しかし、そのあと起動したエロバレーの時は率先してVRゴーグルを被っていた。

コイツは……w

これはこれで超刺激的だがw

結論

正直キッチンは今まで体験したホラーゲームとはレベルが違う怖さ。

ただ画面に映るだけのホラー映像とVR世界に広がるホラー映像とでは、脳と心臓のビビリ方が段違い。

シャオリン

映像なんだと……理屈では分かっているけど……
理屈ではないのよね……

VRほんとスゴいわ……。

まだ初期の技術レベルでこれなのに……今後解像度が今よりももっと上がったら……一体どうなってしまうの……。

ある意味……それが怖い……。

唐沢

気絶しながら何か言ってるー

七徹さん

危険なので嫌がってる人にキッチンを無理矢理やらせるのはやめましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です