はてなブログからWordpressへ移行してきたばかり。ただいまデザイン考案中!

VIVEのベースステーションは賃貸アパートでも簡単に設置可能

f:id:yunfao:20181127214938j:plain

VIVEが欲しいけど賃貸のアパートだとベースステーションの取り付けが大変って聞いたから迷ってるって人よ。

それはデマなので、今すぐ考慮から除外してほしい。

実際に俺は壁に穴を開けたりすることなく安価に設置できたので、その方法を紹介したいと思う。

 

自分の持ち家であれば壁に穴の一つや二つ容赦なく開けてやるところだが、借りてる部屋なのでそれはムリっていう人もいるだろう

VIVE公式セットのゴツいアイテムで壁に開けようものなら、たちまち大家がすっ飛んできて俺の身体に穴を開けられちまう。

 

穴は埋めれば大丈夫って言う人もいるけど、その基準はアパートの管理会社によって違うし、ナチュラルにリスキーである。

部屋を返す際に万一修理費をせがまれたら堪らん。

その金でVRゲームが何本買えるんだっていう。

 



 

 

突っ張り棒+クランプ雲台が最強

f:id:yunfao:20181127223220j:plain

通常は室内用の洗濯物の干し竿のように使うため、洗面所の壁と壁の間などに設置する突っ張り棒。

こいつを縦向き、すなわち床と天井で挟むように設置し、そこにクランプ付きの雲台(カメラ固定などで使うアイテム)を取り付ける方法が最強のように思う。

なぜ最強なのかといえば、それは説明するまでもなく、引っかけたり挟んだりできる物が何もない空間にベースステーションを設置可能だからだ。

当然ながら壁には1ミクロたりとも穴は開かない。

あと、安くす済むし。

 

突っ張り棒を選ぶときは長さに注意。

雲台はクリップ付きではなくクランプ付きのものを選ぶことと、スタンドの向きが3軸方向に自由回転するかどうかも要チェックだ。

なお、オススメはこれらだ。俺も使ってる。

 

カーテンレールを使う方法

部屋の窓の位置によってはカーテンレールを利用するのなかなか有効。

俺は突っ張り棒代を1本分ケチるために、片方のベースステーションはカーテンレールにクランプ付き雲台を取り付けることで設置した。

f:id:yunfao:20181127230337j:plain

カーテンレールの場合は雲台以外の選択肢もアリだが、突っ張り棒に比べたらだいぶ安定感は落ちるので、しっかり固定するためにも雲台代はケチらない方が良さそう。

 

 

 

強力ピンを使うのはオススメしない

とても安く済むだけあってリスキー。

強力ピンと言えど、やはりあれだけ細いピンを壁に刺して支えてると思うと、いつか外れてしまいそうでちょっと怖い。軽いものではないし。

それに、センサーは常にわずかに振動しているので、すこ~しずつ穴が広がってんじゃないか、とかね。

管理会社によっては壁は特に厳しくチェックしてくるので、そういう意味でも危険気味。

 

三脚を使うのもオススメしない

三脚と言っても色んなタイプがあるが、ガッチリ床に固定されているわけでもなければ、やっぱり不安。

誤って何かの拍子にぶっ倒してしまうかもしれないし。

クランプなどを使用する場合と比べて安定感もだいぶ下がってしまう。

 

まとめ

f:id:yunfao:20181127231652j:plain

繰り返しになってしまうが。

コストとパフォーマンス(安定感など)を考慮したら、

突っ張り棒+クランプ雲台が最強!

っていうのが俺の結論。

 

まあ、欠点があるとしたら・・・・・・

小さい子供がポールに寄り掛かったり引っ張ったりしちゃう危険性があるとか?

f:id:yunfao:20181127232004j:plain

安定感があるとは言っても、子供にブラ~ンとかされたら、ひとたまりもない。

小さいお子さんが居る場合は、体重を掛けて引っ張ったりしないよう、よーく言って聞かせておこう。

大切な大切なベースステーションが重力の虜になるのだけは勘弁よ。

子供のケガはほっときゃ治るが、ベースステーションは勝手には直らんからな。

 

PCVRを買おうと思った理由は何だった?

www.gameocean-yunfao.com


 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です