はてなブログからWordpressへ移行してきたばかり。ただいまデザイン考案中!

【エースコンバット7】制限とギミックだらけの飛び辛い空だという噂が

七徹さん

エスコン7は序盤からマップのギミックが多すぎて遊び辛いっていう批判があるらしい。

唐沢

えー?そうかなー……
ただのアンチの喚きじゃないの?

メリハリがあって最初から最後まで良バランスだった気がするけど。

でもせっかくだから全ミッションを超ざっくりと振り返ってみよう。

ネタバレに注意
ストーリーはネタバレしないよう最大限注意しますが、この先を読むとミッション数や各ミッションのタイプ(対地攻撃とか、対エース戦とか)が分かります。
NGな方は読まないように注意して下さい。
遊び終わったら読みに来てネ。

ミッションのタイプ一覧

唐沢

普通のザコ機との空対空・空対地の戦闘は黒
それ以外のギミックありの戦闘は色を付けてみた

ギミックありは
エグいギミックありはオレンジな。ちょとムズい。

あと、ミッションが途中でアップデートされるのは「→」で。

  • 01
    対空
    最初のステージは流石に何の変哲もないミッション。
  • 02
    対地→対UAV×5機
    UAVがいきなり強い。
  • 03
    対空→大型ボス&対UAV多数撤退(護衛)
    ミサイルアラートが鳴りっぱなし。
  • 04
    電流イライラ棒飛行→対空&対地→護衛
    前半は、入ると即死するエリアがゴテゴテに配置された電流イライラ棒。
  • 05
    対空
    最初の数分間は攻撃兵器を使用できない。
  • 06
    殲滅戦
    時間内に目標スコア達成でクリア。基本的にミサイルが底を尽きるが、途中補給可能。
  • 07
    対空→超悪天候の中でUAV戦(護衛)対エース戦×1機
    見通しの悪い渓谷マップな上に強風で機体が流され、さらに計器異常を起こす雷雲だらけという悪天候オマケ付き。
  • 08
    対地→砂嵐の中で対地
    悪天候につき、ターゲットがレーダーに映ったり消えたりを繰り返す。しかも機体が勝手に流される。
  • 09
    雲隠れしながら対地→対空
    低高度にある雲の中に隠れていないと、あっという間に回避不能ミサイルが飛んでくる。
  • 10
    護衛対エースUAV戦×1機
    護衛対象を狙うミサイル砲台は最初はレーダーに映らないので、自分で探す必要あり。
  • 11
    殲滅戦
    時間内に目標スコア達成でクリア。基本的にミサイルが底を尽きるが、途中補給可能。チェックポイントが無いウヘェ……
  • 12
    対地&対空→大型ボス&対UAV多数
    ターゲットが多すぎてミサイルが尽きやすい。無駄撃ち厳禁。
  • 13
    固定の特殊兵装限定の対地高速追撃戦
    数秒間ターゲットをサークル内に補足し続けないと命中しない特殊兵装を使う。
  • 14
    狭い渓谷を飛行→対地
    電流イライラ棒その2。
  • 15
    対空&対地→対エース戦×5機
    敵のエース部隊になかなかミサイルを当てられない。
  • 16
    敵味方識別が一瞬で出来ない対空&対地→対空
    画面中央に数秒間ターゲットを捉え続けないと敵か味方か分からない。
  • 17
    対空&対地→高速追撃戦
    同じく敵味方識別に時間が掛かる。後半は慣れるまで制限時間がとてもシビアな追撃戦。
  • 18
    対空&対地→対エース戦×5機
    やはり敵のエース機が強い。
  • 19
    対空→大型ボス&対UAV多数
    尋常じゃない量の敵に囲まれる。そしてミサイルが尽きる。
  • 20
    対エースUAV戦×2機対エースUAV戦×1機トンネル飛行
    最後は電流イライラ棒その3。

常時気を抜けないイベント要素が満載

七徹さん

まー、こうして改めて並べて書き出してみると
制約とギミックだらけで面倒くせえって叫ぶ奴の気持ちが分からんでもない

だいたいどのミッションにも何らかの不利要素のイベントが用意されてたわ。

それを面白いと捉えるか、煩わしいと捉えるか……ってところか。

唐沢

えーウソだろ?
どう考えても面白いだろ

なんのギミックも無いただの対空・対地攻撃なんて自機が無双するだけだし、退屈もいいとこだって!

唐沢

全20ミッションの中で間延びせずに、色んなタイプのミッションを全部盛りの勢いで詰め込んできたエスコン7のボリュームと配分は完璧だわ!

どのミッションも楽しめたよ!

「退屈」は敵。いいね?

七徹さん

うーん、そうは言ってもよ……

俺らみたいなエスコンシリーズ経験者にとっては歯ごたえがあって退屈しないイベント配置だとしても、それは初心者にとっても同じだとは限らんからなあ。

最序盤からいきなりボス戦とか電流イライラ棒だから、敷居が高いと感じるプレーヤーは結構いるはず。

ミッション03で早くも大型ボスと大量の無人機と戦闘。基本的に常にミサイル警報が鳴り響いている。

エスコン名物、電流イライラ棒。赤いとこに入ると即死する。これでもミッション04。

ミッション07は見通しの悪い危険な渓谷で、敵のエース機とのドッグファイト。

普通にエース機が強い上に、雷雲に入ると被雷で視界が真っ白になって計器がイカレる。まだまだ物語前半のミッションである。

雲の無いところを一定時間飛んでると回避不可能なミサイルが飛んできて死ぬ。かと言って焦ると地形に突っ込んで死ぬ。結構シビア。ミッション09。

ターゲットが狙いにくい建造物の陰に隠れてる上に、一定時間画面中央に補足しないと敵か味方か分からない。ミッション16。

ゲームが単調にならないようにとあれこれ組み込まれたギミックだが、やりすぎると初心者にとっては重荷と苦痛になっちまう可能性があるってことを忘れちゃイカンよな。

唐沢

えー そんなもんかなあ
近頃はちょーっと難しめだとすぐ批判に走る軟弱者が多すぎない?

七徹さん

言いたいことは分からんでもないが……

皆が皆、お前みたいにゲームにやり応えやチャレンジを求めてるわけじゃねえ。

エースコンバットはタイトルの通り、気持ち良くエースパイロット気分で戦闘を楽しめるところに惹かれるユーザーが多い。

開発側にはその需要にキッチリ応えられるような調整をする義務があるってことだ。

唐沢

(ぐぬぬ……正論すぎてぐうの音も出ねえ)

 

……でもさ。

 

どこまでも理不尽で過酷な状況を覆すことでエース気分を味わって悦に入りたい

っていう、私の需要はどうなんのさ。

正直なところ、私はもっと難しい難易度が欲しかった。

「何を以てエース気分を味わうか」なんて、人それぞれだろ?

唐沢

(まあ……元はと言えば……)

意味ありげに難易度の段数をガッツリ減らしてきたのに、けっきょく幅広い需要を獲得できてない開発側が一番悪い。
単なる手抜きじゃないと信じてたのになあ。

難易度については思うところがある。

そのうちチラ裏するとしよう。

結論万人受けする難易度調整ではないので、自分の性格やプレイスタイルとよく相談してから買いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です