数年前からの計画である「密かにSTGブログ化」を目論み中

【ロボノダッシュ】第2章感想/クールを装っていてもやっぱり♂、本能には抗えない

シャオリン

クールを装っていても、やはり男の子
“衣服を透しできるメガネ”の誘惑に抗うことなんて、出来はしない

七徹さん

衣服を透しできるメガネ……だと……?
そんなものが手に入るのなら
俺は他には何も望まない
ネタバレ注意
第2章クリア時点の感想です。
ネタバレNGの場合は閲覧に注意して下さい!

昴きゅんもやっぱり♂

第2章では君島コウが仕掛けてきたジオタグ探しゲームの話がメインに進んでいく。

が、もっともインパクトが強かったのはそっちじゃなく、砂浜ビーチバレーのシーン。

ダルがここまでスゲエ奴だとは思ってなかった(色んな意味で)。

まさか、衣服を身に着けていないかのように、つまり全裸に見えるメガネを自作できるとは。

しかもそれを使って堂々と若いおにゃの子たちを見る……いや、姦るとは!

ダルが以前に自作した未来ガジェットの一つ。ボタンを押すと衣装が映らなくなる。

七徹さん

こ、こいつぁスゲエ
このメガネほすい……66兆2000億円で売ってくだしあ

……それにしても、これって犯罪にはならんの?

シャオリン

なると思うわ

ダルは「何が悪いの?」って言ってたけど……

ま、それは置いといて。

このシーンで、成り行きでこのメガネを使ってダルと同じく女子たちの全裸を見た海翔とスバルが、この光景にハマってメガネを取り合いし始めたところが意外だったって話。

海翔もスバルも普段はクールを装っているので。特にスバル。

てっきり、いつもみたいに舌を噛みながら抗議してメガネを返してくる展開を予想していたが……。

ダメだと理解していながらも、メガネをはずせないスバル。

スバルきゅんも♂ということだ。

うんうん、正直でリアリティの高い描写。結構結構。

このメガネに魅力を感じない男は、よほど特殊かつ確固たるフェチの持ち主以外、ありえない。坊主だろうが神父だろうが必ず欲しがるはず。

「萌え」から生まれる一体感

君島コウの悪戯ゲームにより、フェーズ2ではおにゃの子たちが様々なコスチュームに強制チェンジさせられてしまう。

猫耳メイドから始まり、体操服ブルマ水着の順だったかな。

これらコスチュームについても、最初は全く興味ありませんって顔してた海翔とスバルも、「……こういうのも……悪くないよね……」「そ、そうですね……」みたいな感じになったのが良かった。

海翔、スバル、ダルの男3人で一体感が生まれたというか。

むしろ敵キャラである君島コウまでもが、その輪に加わってきそうな雰囲気すらあったw

君島コウ「いや~眼福眼福」。

他にも、愛理のスケスケ水濡れ体操服ブルマ姿を見られてご満悦の様子だった(愛理にキモいって言われてたけどw)。

いい奴だろうが悪い奴だろうが、生身の人間だろうが電子人格データの存在だろうが、

君島コウもやはり♂というわけだ。

まあ、コイツの場合は猫かぶりの可能性も十分あるけど。

女の子が最も恥ずかしがるコスチュームは何?

それにしても、おにゃの子が恥ずかしがるコスチュームは何か?……ということを男キャラ3人で議論していた時のスバルと海翔の意見がなかなか笑える。

スバルは「し、ししし…下着」。

下着www そりゃ恥ずかしいだろうけどwww コスチュームとはちょっと違うし、その路線でいくなら全裸の方がもっと恥ずかしいじゃんw

それから、

海翔は「サーフィンとかのウェットスーツ」。

ウェットスーツwwwww

まあー、身体のラインがピッチリと出るからエロいっちゃーエロいし、海でもない場所で強制的に着せられたら恥ずかしいって思うモンだろうか?w

ウェットスーツ参考。

なおダルが、ウェットスーツが海翔きゅんの性癖だとしたらレベル高すぎって指摘した時、海翔は特に否定してなかった。海翔、意外といい趣味してるw

遊びの時間もここまで

のんきなBGMと共に現れてちょっとしたゲームを仕掛けてきたり、ジオタグの在り処のヒントをペラペラと喋っていったりする君島コウ。

どう見てもお祭りを楽しんでるようにしか見えないので、ひょっとしたら今回の君島コウは人格データがバグってて悪い奴じゃなくなってるんじゃね?って思ってた。

フラウと射的で勝負。

しかし第2章終盤で本性を現す。

第1章の時に召喚したマッチロック・ロボにビームを発射させて停留中のフェリーを爆破させたり、そのビームで祭りの来場客を狙ってみたりと、やりたい放題である。

七徹さん

くっ……!
今回の君島コウは実は悪い奴じゃなかった
っていうオチじゃねえかとマジで思ってたぜ

シャオリン

私も洗脳されてたわ
おそるべし、沈黙の兵器……!
おそるべし、タヴィストック研究所……!

やっぱりバグってなんかいなかったね!

まあ、「僕はね、楽しければそれでいいのさ」なんて発言をしてるので、射的で勝負したり、愛理と水風船キャッチで遊んだり、マッチロックロボで祭りを破壊したり、50億人の人類を虐殺したり、といった行為は全て等しく「楽しいこと」でまとめられてしまうのかもしれない。君島コウの中では。サイコパスだな~。

君島コウのやりたい放題は全て電磁波による幻覚だけど、例えばレーザービームで撃たれて大爆発に巻き込まれるという超リアルな幻覚を見せられた場合、脳が勘違いをしてその人は本当に死ぬ可能性がある。……らしい。

死刑囚に目隠しして腕に痛みを与えながら「血を抜き続ける」とウソを言ったら、本当に死んだ。とかいう実験があったとか無かったとか。怖っ。

ダルの妄想力(コスモ)で君島コウを倒す。

妄想力(コスモ)は女性陣のエロボイスから得る。

↑これ(妄想が映像化したもの)が夜空にデカデカと出現し、君島コウの電磁波照射装置をジャックして倒す。

何を言ってるのかサッパリだと思うが、かいつまんで言うとそういうことだ。

唐沢

なるほど
わからん

シャオリン

カオヘ・カオチャみたいな妄想バトル系の流れになってくると、ちょっと難しくなるわよね

七徹さん

今んとこロボットはあんまストーリーに絡んでこねえな

第3章以降はどうなることやら。

それにしてもナースかあ。昔はナースの良さなんてサッパリわからんかったな~。

【ロボノダッシュ】昴ルート感想/「大切なロボット」のくだり、最高だろ…… 【ロボノダッシュ】フラウルート感想/ホモォを庇うシーンはフラウだからこそ激萌えする 【ロボノダッシュ】愛理ルート感想/こんなに尊い三角関係ドラマって他にある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です