数年前からの計画である「密かにSTGブログ化」を目論み中

【アズレン】13章攻略後の感想:礼を言うぞ…こんな力を出せたのは初めてだ…

拝啓、アズレンゴリラの皆様。

第13章、楽しんでますか?

私はさきほどようやく13-4をクリアするところまで進みました。

シャオリン

うわー……
あんなぶっ飛んだ難しさの海域、よく攻略しようって気になるわね

唐沢

さすがに1、2日くらいは空けないとアズレン触る気になれねえ

本当に楽しかった

13章実装の報が流れた時は沸いたなあ。常に難しいものに振り回されていたい私としては、正直イベントがあまりにも楽勝すぎて退屈な虚無レン時代を過ごしていたので、待ちに待った13章実装で生気を取り戻したような感覚になったわ。ようやく我が潜水艦隊が日の目を見る時が来た、と。

13章の日常風景。

12章に引き続き航空地獄ショー……と言いたいところですが、敵の航空戦力は12章以上に強化され、まーた難易度は大幅にアップ。

さらに新タイプの敵が投入。こちらの航空機をバッタバッタ叩き落してくる防空艦、一定時間ごとに敵全体を回復する工作艦(しかも固い)、そして敵全体に強烈な火力バフを掛けた上で航空機も出してくる指揮艦(しかも超かったい)。へ~面白いコト考えたな~などとニッコリしながら破滅の光に飲まれていく愛しいKAN-SENたちを眺めてる事しかできませんでした、最初は。

水柱と爆発の光で前が見えねえ。そして気付いたら一人いない…そういうのはよくある。

しかしやろうと思えば意外とやれるもの。編成を試行錯誤して、装備を試行錯誤して、主力攻撃や潜水艦を出すタイミングを試行錯誤して。何度も何度もリトライを重ね。そしてようやく突破できた時の喜びたるや、少なくとも第一志望の進学校に合格した時よりは上だったな。必須級とか囁かれてるセントーやサンディエゴ改、モナ王あたりは、私の中では100レベル超育成コース過程から外れており、メンバーはほぼ完全に趣味枠からのセレクトだったのでなおさら満足度は高い。きわめて高い。

全力出し切った感あった。

アズレンでこんなに全力を出せたのは初めて。運営に感謝。
そして帰港。

13-3でドロしたのが嬉しくて気分転換に秘書官に設定してあったデューイの「お疲れ様でした!戦闘詳報の整理はデューイにまかせて、どうぞゆっくりなさってください!」のセリフが妙に状況にマッチしてた。デューイ…癒される…。

そして私の13章攻略の第一段階は終了しました。

13-3ドロップ限定。癒される。

ユンファオ

13章攻略の「第一段階」が終了ってことは、まだ続くの?

唐沢

もちろん! バンカーヒルを掘りに行くね!
…….何日か休憩してから

参考までに編成を紹介

何の参考になるのか不明ですが。

全体的に設備装備が未完成なのは、行き過ぎた酸素魚雷絶対主義の名残でパーツが足りないため。

ザコ戦用

対空と安定性を優先するユニオン&ロイヤルの混成。やはりクリーブランド級中心の軽巡部隊が頼りになる。

旗艦。カッコイイから。

涼しい顔して空を制圧。制空値が足りてないと13章はキツイ。いち早くバリアを出すために速度の出る飛行機を積む。

スキルで皆を空の脅威から守れるのが強み。

万能すぎて普通に頼りになる存在。

主力が空母*3なので最大限能力を発揮できる上にエロい。

軽巡*3なので能力を最大限発揮できるユニオン要因。長女同様に頼りになる。

ボス戦用

これまで絶対的な信頼を置いていた一航戦のお二方は今回は留守番。先手必勝よりもじっくり着実に勝利を掴む五航戦を代わりに差して、対ボス戦特化へ。

戦場に光明もたらす神の一撃待ち。神の一撃があんま出なかった場合はリセット。

艦隊全体の与ダメ向上・被ダメ軽減が便利。

ボス戦が長引くので、発動するたびに強化される航空攻撃がなかなか使える。

後ろの方で長門たちがボコボコのケチョンケチョンにされがちなので、スキルで支援。あと必殺の魚雷でコロス。

とても高水準でまとまった性能で、自身バフ・味方バフも強力。あと必殺の魚雷でコロス。

川内というフネのファンなので外せない。超かっこいいし。あと必殺の魚雷でコロス。

潜水艦隊

正直なところ、上記編成だと13-4のボスは潜水艦がいないと無理だった。育てておいて良かった潜水艦。

支援範囲Lv.5のアルバコアを旗艦にすれば、13-4ボスを50%確率で範囲内に入れることができる。

超破壊力の潜水艦なので問答無用で駆り出す。

超巨乳でエロ腋エロ脚の潜水艦なので問答無用で駆り出す。

唐沢

総力戦すればなんとか突破できなくもない、絶妙な高難易度だったわ

唐沢

レベルキャップ解放は無しにして正解だったな!
その方が楽しめるから

シャオリン

いずれ解放してくれないと手も足も出ない…

すっごく楽しかったが……

14章はまだ当分は結構です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です