数年前からの計画である「密かにSTGブログ化」を目論み中

STG紹介#7「Graze Counter」弾にカスって耐えてカウンターレーザーをブッ放しまくる危険行為推奨系弾幕STG

あくまで持論ですが、良作STGの条件の一つに「防御のターンと攻撃のターンが明確に切り替わる」というものがあるのですが、その点でいくと「Graze Counter」は超分かりやすく明確に切り替わりますし、しかも切り替わりのテンポが頻繁で退屈する間など一瞬もなく、こ気味良く爽快感に溢れていてオススメです。

ゲームのタイトルから何をすればいいゲームなのか、ここまで分かりやすいのもちょっと珍しいかもしれません。「Graze(グレイズ)」は東方あたりから広く認識されるようになったように「弾にカスること」、「Counter(カウンター)」は「反撃」ですので、つまるところこのゲームは敵弾にカスって反撃に転じるのが攻略のためのサイクルであり、スコア稼ぎのための基本ムーブにもなっています。

弾幕の濃さ 3 / 5 通常モード準拠。
弾の速さ 3 / 5 通常モード準拠。
気合避け成分 1 / 5 カスってから弾を消すので気合避けは基本的に不要。
オリジナリティ 2 / 5
ジャラジャラ感 3 / 5 通常モード準拠。
キャラ・ストーリー アニメ系要素 2 / 5 女の子が多数登場するがあざとさが無い。ボイスも無い。
初心者オススメ度 5 / 5 STGの面白さが手軽に味わえ、非常にオススメ。
自宅で遊ぶには PC

ユンファオ

Steamで1,000円以下で買えるSTGの中ではかなりの良作。弾消し系が好きなら初心者でも上級者でも、人間卒業系の人たちにもオススメ。

鬼畜弾幕系に匹敵するほどの弾量にも関わらず、難易度は低め

スクショを見る限りだと鬼畜弾幕系と恐れられるタイプのSTGに匹敵するほどの弾幕が襲い掛かってきてますし、スコア倍率などを示す文字のデザインもご丁寧に怒首領蜂を彷彿とさせるため、左腕がガタガタ震え出して顔色悪くなるシューターもいるかもしれませんが、全く心配ないほどに難易度は低めで、初心者にも大変遊びやすい仕様です。初心者に優しいと言っても、単純に敵の攻撃がユルユルでダレるわけでもなく、間延びするわけでもなく、ゲームシステムのセオリーに則った戦い方をしなければわりとアッサリ殺されますのでご安心ください。初心者も上級者も、セオリーを守って楽しく遊びましょう。

グレイズカウンター

まず敵弾にカスるとグレイズカウンターゲージが溜まり、50%以上あればボタン一つで必殺のグレイズカウンターレーザーを放てます。ゲージ量に応じて照射時間が変わるレーザーですが、接触した敵弾を打ち消しつつ大火力で炙れるため、中型機程度の敵なら瞬時にオシャカにしてやることができます。敵弾にカスるというより「敵弾に近づく」くらいの感覚でカスり判定が発生する上に、グレイズカウンターゲージの溜まり具合はかなり早く、頻繁にブッ放すことができて爽快です。なお、ゲージ100%で放てば照射中は完全に無敵になります。

グレイズカウンターレーザーは心強い防御手段。

ブレイクモード

上述のグレイズカウンターレーザーで敵弾を消すと黄色い星アイテムに変わるのですが、これを取ることにより(と言っても勝手に回収されますが)ブレイクゲージが溜まり、100%になるとボタン一つで超必殺のブレイクモードへ移行できます。近年STGでは頻繁に見かけるようになった、いわゆるハイパーですね。一定時間、ショットの攻撃力が大幅に強化されるほか、発動時に画面上の敵弾を全て消すため、緊急回避として使うことも可能です。ブレイクゲージは温存しておくのもいいですが、ブレイクモード中は得点アイテムがジャラジャラ落ちるので、稼ぎ心が芽生えてしまった場合にはバカスカ発動していくのが良いです。

ブレイクモードは発動時に全ての敵弾を得点アイテムに変える、緊急回避手段でもある。

そんなわけで、「敵弾にカスるグレイズカウンターをぶっ放すブレイクモードをぶっ放す敵弾にカスる」というサイクルこそがこのゲームの基本的な攻略方針になります。もっと稼ぎたければブレイクモードの発動回数を増やすために、積極的に弾幕に飛び込んでいきましょう。公式で「危険行為推奨系弾幕シューティング」を謡ってるだけのことはあります。そしてこのサイクルをテンポよく回せるように計算された絶妙な敵配置と綿密な弾幕量の調整具合が、このゲームの最大の褒め所と言えます。

それでも弾幕が怖い初心者シューターのために、もう一つダメ押しで「3つの中から選べるスキル」という形でシールドが用意されていますし、ここまで防御手段が豊富ならさすがに安心して弾幕の空へと飛び立って行けることでしょう。

では、そんな防御手段がこれでもかと搭載されている本作を見た、アウトローな上級者シューターは「俺の戦場はここには無い」とか言って背を向けて去らねばならないのかと言えば、そんなことは無いからちょっとマテ。このゲームは既述の通り、初心者にとても優しい仕上がりですが、修羅を望む猛者に対してはちゃっかり無慈悲で鬼畜な楽死いモードを用意してきています。それは、「アンリミテッドモード」というランク200固定(通常は最大100で変動)のモードと、「EXPERT」という最上級難易度であり、この二つを掛け合わせることで涙と鼻水が出るくらい恐ろしい究極の弾幕を味わって安楽死する事ができます。とはいえ、グレイズカウンターとブレイクモードはちゃんと通用する世界なので、修行を積めば緋蜂討伐よりはだいぶ先に達成できそうな目標の一つではないでしょうか。

アンリミテッドモードのEXPERT難易度のラスボス戦の一部。見ての通り、楽死い。

唐沢

大量の敵弾を一気に消す爽快感がクセになるな!

ユンファオ

スコアアイテム(星)のジャラジャラ感がいい。ジャラジャラ感は大切。

ストーリーと個性豊かなような豊かじゃないような8種類の機体とキャラクター

まずストーリーですが、難しくて正直よく分からない難解さです。EDENという仮想ネットワークが暴走を起こして、人類240万人が仮想世界に閉じ込められてしまったので、それを助けに行く話っぽいところまでは私の死んでる脳でも理解できたのですが、いざゲームが始まってみると対峙するEDEN側のボスキャラたちのセリフの内容がかなりちんぷんかんで、ア…レ…?ってなったりします。むしろボスの言葉の中でほぼ唯一理解できたと言っていい内容としては、主人公ポジでメガネをかけてるセーラー服のカワイイ子が、実はカワイイ男の娘だと判明したことで、まさかシューティングで失恋を味わうことになるとは思いもしませんでした。

TYPE-1「エイプリルディバイダー」

低速度・広範囲攻撃型で扱いやすい機体ですので、とりあえずコレを試そう。どこぞの超時空戦闘機に姿が激似。

搭乗者は「銀寄卯月(ぎんよせ うづき)」男である。カワイイじゃねえか! 女性専用の特殊戦闘服にガッツリ適合してしまったために、対EDENの戦闘員として秘密防衛組織に放り込まれるというヤベえ経歴を持っていますが、女性専用の特殊戦闘服っていうのがそのセーラー服のことなのか、それともソレはただの女装趣味なのかはよく分かりません。

TYPE-2「フリーダムダンサー」

高速度・正面特化型の機体ですので、動く時と止まる時の見極めができるアグレッシブ機動なプレーヤー向け。

搭乗者は「古山皐月(ふるやま さつき)」。特殊戦闘服の実験のために一時的に性転換したら元に戻らなくなってしまった男。つまり、今は正真正銘の女である。なんとややこしい!…というか、その設定に一体どれだけの意味が…?

TYPE-3「リボルギア」

最初はアンロックされてる特殊機体。ブレイクゲージが存在しない代わりに敵弾にカスっただけで自動的にビットが反撃しますので、普通の弾幕STGよろしく弾避けに集中してるだけでザコ敵の群れもボスも皆溶けていく。さらに獲得スコアが基本1.5倍という、超攻撃力+ハイスコアリングという誰もが認めるチート機体の一つです。

搭乗者は「火鳥疾風(かとり はやて)」。EDENとか作った天才。正真正銘の女の子であり、5面でウインクしながらアイテムを落としてってくれる姿が可愛すぎて結婚したいほどですが、可愛い女の子を追いかけ回すのが趣味で既に前科250犯ですので、結婚したら結婚生活がヤベえことになる。

TYPE-4「キリサメブレード」

最初はアンロックされてる特殊機体。ブレイクゲージが存在しない代わりに近接攻撃用のブレードを装備しており、ブレイクボタンを連打すると剣でブンブンして周囲の敵を切り刻みます。グレイズカウンター中の無敵に乗じて接近して斬撃、ボスであろうと瞬く間にボロ雑巾のようにできますので、エクステンドガードと相性が良い。獲得スコア1.5倍。

搭乗者は「霧雨斬子(きりさめ きりこ)」。卯月に想いを寄せるヤンデレっ子なので本来はヒロインポジションの女の子ですが、ヤンデレが刃物を持つと大変危険なのは誰もが知ってる通りです。そのノリで敵機を次々と切り刻んでいく。

TYPE-5「シャドウディバイダー」

最初はアンロックされてる黒いエイプリルディバイダー。ブレイクゲージが存在しないが、常にブレイク状態の強化ショットを撃てる圧倒的チート機体。獲得スコア1.5倍。

搭乗者は不明ってことになってるけど、どう見ても卯月の2Pカラー。

TYPE-6「オルタナティブ・D」

最初はアンロックされてる黒いフリーダムダンサー。ブレイクゲージが存在しないが、常にブレイク状態の強化ショットを撃てる圧倒的チート機体。獲得スコア1.5倍。機体名に「イニシャル・D」的な響きの格好良さがある。

搭乗者は不明ってことになってるけど、どう見ても皐月の2Pカラー。

TYPE-7「リボルギア2」

最初はアンロックされてる特殊機体。ショットが恐怖の「ふぐ刺し」の姿をしてますが、ブレイクすると「ふぐ刺し」の判定・火力ともに大幅に強化され、しかも自機を中心とした360度24wayショットと化するので軽く火蜂の気分を味わえますし、人によっては「後光」にも見えてくるでしょう。そんなラスボスまがいな性能を手に入れたところで、振えるステージは存在しない。

搭乗者は不明ってことになってるけど、どう見ても疾風の2Pカラー。もともと胡散臭いが、メガネ装着することで更に胡散臭そうな雰囲気が出てきた。

TYPE-8「キリサメブレード2」

最初はアンロックされてる特殊機体。最高の火力と超速の移動速度こそが最大にして唯一の特徴で、「操作には熟練を要する」と書かれていますが実際はあまり要さず、楽に飛び回って楽に敵を血祭りに上げることができます。とはいえ、結局のところ性能・インパクトともに普通のキリサメブレードの方が上。

搭乗者は不明ってことになってるけど、どう見ても斬子の2Pカラー。

シャオリン

男の娘、性転換娘、ストーカー、ヤンデレ……よりどりみどり!

ユンファオ

ストーカーとヤンデレはロックされてて、最初は男の娘と性転換娘しか使えない。まずは自分に合ってる方でクリアしよう。オススメは男の娘。

唐沢

キャラか機体の名前で頼む!
何のゲームだか分からなくなる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です