数年前からの計画である「密かにSTGブログ化」を目論み中

「CoD:MW」キャンペーン#04 地元衆と結託して飛行場を占領する

アレックスはいよいよウルジクスタン解放軍の連中と合流し、ロシア軍がウヨウヨいる飛行場への奇襲作戦を決行する事になった。決戦の前夜的なイベント、テンションが上がる。

ハディル「棒切れや石ころで戦うとでも思ったか?」(火炎瓶とC4を搭載したラジコン飛行機とキメ顔を差し出しながら)

フ…。ファラやハディルはさすがに銃で戦うんだろうけど、下々の雑兵の皆さんはひょっとしたら石器時代装備もあり得るかも?と、ちょっと思ってました。火炎瓶はともかく、ロシア軍が見せしめ処刑とかやってるくらいにはガチガチに占領して街を固めてる中で、よくC4付きRC飛行機なんて調達できるものだ。世の中には色んな事情を抱えてる奴がいるってことかな。

キメ顔ハディル。ちなみに私の中学の担任だった大石先生に似ている。

#04 代理戦争

ウルジクスタン解放軍とロシア軍との戦争にアメリカ軍が介入。ここでの代理戦争は狭義ではあるけれども、利害さえ一致すれば誰とでも敵対するし、味方になったりもする。そんなものだ。

C4爆弾が取り付けられたラジコン飛行機。

オンボロでいかにも格安っぽいラジコン飛行機に爆弾を取り付けただけの簡易的な兵器だけど、攻撃性能は抜群である。ラジコンの操縦者がジャイアンだったらヤバイかもしれないけど、基本的には目標地点に対して正確に爆弾をお届けする事が可能。軍用ヘリでさえ一発で叩き落せます。

ラジコン爆弾すごっ!って思った。民間で爆弾を入手するのは流石に簡単じゃないけど、火炎瓶は作ろうと思えば作れるし、ラジコン飛行機は空き地で遊んでる小学五年生から奪えば手に入る。まぁ普通に買ってもいい。日本でもテロなんて簡単に起こせるんだな。何気なく身内のラジコン大好きなおじさんに「ラジコンでテロって出来るのかな?」って聞いてみたら、「できるよー!」ってめっちゃ明るく即答されたし。

ただこれから先は不審ドローン対策が日本でもようやく進んでいくっぽいのでひと安心ですが、掃除のおばちゃんが「これからはドローンの時代だ。ドローン技術者の資格は取っておいて損はない」って断言してた事を思い出す。

RC飛行機爆弾部隊で先制を取ったら、解放軍の皆さんと一緒に突入地点へそそくさと移動。アレックスはアメリカ軍の航空支援を準備。ザ・代理戦争。いよいよだぜ、ワクワクするなあ。

ファラ「準備はいいな。武器庫を襲って武器を奪い、飛行場を制圧する。いいか、ウルジクスタンを解放し、祖国を取り返すんだ!」

前回ミッションの最後に、飛行場を制圧できれば死んでいった仲間たちも報われるって言ってたのを思い出す。雑兵の方々にも一人ひとりの肩に手を置いて回る姿もかなりシビれる。声もいいし。

革命でもデモでも何でもいいんだけど、リーダーが「~~のため!」って叫んでから他の人たちも「~~のため!」って続くシーンに萌えるフェチって、ある? アツくて、絆が感じられて、私は好きだな。ちなみにその様子を一歩引いた位置から眺めるのも好き(輪には入らない主義)。

飛行場突入の瞬間。くっそ盛り上がる。

皆でワーッ!って一丸になって乱射しながら攻め込む様子、サイコーである。

ロシア軍の抵抗はなかなか激しく、味方もそこそこ脱落していく様子も目に飛び込んでくる。だがそれがいい。銃撃戦はこうでなくては。

かなりの数の敵がいるのに加えて軍用ヘリも出てくるのでどうするかというと、C4爆弾搭載のラジコン飛行機の第二陣、第三陣をどんどん使って操作して焼き尽くしてやればいいのですが、一発ブチ食らわしてやるたびにハディルが声援飛ばしてくれるのが好き。相棒感が超芽生える。

「アレックス、見事にぶつけたな!」
「いいぞ、命中だ!よくやった、アレックス!」
「ど真ん中、見事だ、アレックス!」
「よく当てたな、エースパイロット顔負けだ!」

しかも結構バリエーション豊富である。笑

航空支援は強し

ノリは圧倒的に勝ってるとはいえ、相手は正規軍ではないにしても近代装備で武装したロシア軍。ものすごい抵抗に遭い、最終的には戦車まで出てきて解放軍は格納庫に追い詰められてしまう。

格納庫に籠城するも、戦車が出てきてしまっては時間の問題だ。

ファラ「その場を死守しろ!」

ハディル「ああ、ファラ。ブタともに屈するくらいならここで死んでやる!」

いや、ファラはそんなコト言ってない気がするが…。しかし相棒がその気なら私も続くぞ。奴の刃になって死んでやる!うおおおお!

…とそのとき、ようやく遅れて到着した航空支援機のオペレータから通信が入ったのである。私は奴の刃になって死ぬのはあっさり止めて、格納庫へ引き返した。

アパッチから対地ロケットとガンで敵を滅殺抹殺。航空支援は強し。

ちなみにこのとき敵を倒すとパイロットが言う「ハハッ、ダスビダーニャ!」はロシア語であり、日本語に訳すと「また会いましょうwww」となる。めっちゃ煽っていることが分かります。笑

いや~スッキリする良い締めだ。最初から最後まで気持ち良くプレイできるので、この回は好き。

アレックス、ハディル、ファラ。この3人が揃えば無敵だ。

前のミッション「#03 女指揮官のケツを追え」へ

次のミッション「#05 キルと誤射の境界線」へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です