数年前からの計画である「密かにSTGブログ化」を目論み中

「CoD:MW」キャンペーン#09 大人を倒せ

前回のミッションの最後に、ハディルによるまさかの化学兵器攻撃の巻き添えを食らって意識を失ったファラは、その間夢を見ていた。

20年前の故郷、ウルジクスタン。

#09 ホームタウン

ロシア軍の突然の空爆によって瓦礫に埋もれた幼き日のファラが救出されるシーンから。ちなみにママンは瓦礫の下敷きとなり死亡。自分と同じように生き埋め状態になっているママの姿を目の前に見つけてしまうのである。これはいきなりキツイ。

目の前にママの遺体が。ちょっとグロいのでノイズを入れている。

パパはなんとか生きてた。

ロシアの航空機がさらに飛来し街を空爆していく。

ファラを抱えて走り出すパパ。

昨今のFPSはどのタイトルも総じて映像表現がとてつもない。CoDも然りで、その中でも特にこのミッションの前半の方はモニターの映像の中に果てしないリアリティを感じる。自分で操作してマップを歩くのではなくて、パパの肩に担がれてる子供ファラの視点だからなおさらそう感じるのかもしれない。視界の揺れ方から逃げ惑う住民の一人ひとりの挙動から、何から何まで本物感がスゴい。

ロシア兵が現れて住人が動揺して、銃が発砲された瞬間に一目散になって逃げ出す瞬間の様子とか、そんな人たちを見て状況を察して同じく逃げ出すちょっと遠くにいる人たちの様子も。平面のモニターの映像からもこれだけのリアリティを感じるので、仮にVRだったらマジすごいと思う(突然の語彙力低下失礼)。ぜったい酔うけど。

銃乱射からのガス展開。やりたい放題のおそロシアである。

本物のロシア兵士を殺った

幼いファラとハディルの連携によりガチのロシア軍の屈強な兵士を殺害する中盤シーンはかなり圧巻。対格上戦なんてやり方次第だよね。

死ぬか離散か、いずれにしてもこれから先は一緒に居られない。そんな予感がパパにはあった。

ロシア兵の大男が家に乱入。

しかしパパ、一瞬の隙を突いて格闘戦に持ち込み、その取っ組み合いも制してロシア兵にナイフを突き刺す!マジかよパパ強い。

しかし相手はナイフでグッサリ刺されても普通に動き回って反撃してくるという常軌を逸したウルトラなタフネスの持ち主だったので仕方ない。これじゃ勝てねーよ…。

あとは軽くホラーゲームの要領で、兵士に見つからないように家の中を隠れながら移動してハサミとかナイフを拾い、死角から襲い掛かって突き刺してやる。

うまく裏をかいて隙を狙おう。

それにしても、5回以上は刺されてるのに動き回ってくるコイツは一体何者。そして生き延びるために妹のファラがこうして戦っているのに、ハディルは一体どこへ。リトライを繰り返してるうちにガチでハディルの存在忘れてたよ。

しかしファラがやられそうになった瞬間にはちゃんと飛び出してきてくれた。しかも首筋のあたりをガッツリ刺すというナイスファイト。しかしコイツはまだ動いているw

今度はファラが胸と腹のあたりを正面から思いっきり刺す。しかーし!まだ動いている!w

さすがにちょっとムキムキすぎんだろコイツ。

あら。腰の銃がファラの目の前に♡

ハディルを絞殺する事で脳ミソのタスクは一杯のようで、カチャッとお借りしても気付く様子なし。安全ロックが外れてて良かった、ファラによってようやく銃殺されました。ナイフじゃあまりにも倒れないので不死身かと思った。

手に焦る握る死闘。

正直、かなり白熱する回だ。

地獄と化した街を脱出した後もハディルが陽動、ファラがハンドガンを奪って兵士2人を射殺。絶望的に不利な状況の中、子供2人の知恵と勇気でロシア兵3人を倒すことに成功。結構夢中になる。

ファラがリボルバー拳銃を撃った瞬間の素人感がすっごい萌える。

しかしトラック奪取の寸前のところで……

ロシア兵のリーダーっぽい男に、ついに捕まってしまう。

「これが私の兵士をやった子供たちか」ニヤァ…

「完璧だ」

…なにが?なんかまたアヤシイやつが出てきたなぁーと思ったら、コイツこそがガス兵器を裏ルートで流したりウルジクスタンの街を破壊するよう指示を出してるバルコフ司令官だったのである。もっと極悪ヅラをイメージしてたので、想像とちょっと違った。

前のミッション「#08 ガスにはガスを」へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です