数年前からの計画である「密かにSTGブログ化」を目論み中

「ごまおつ」2019年の最後の方だけ振り返り、2020年を迎える

2019年は以前に一度辞めてしまった「ゴシックは魔法乙女」略して「ごまおつ」への復帰を果たした年。

ゲーム機やアーケードでプレイするシューティングの方が面白いし、やり甲斐もあるから、というような感じの理由で辞めたと記憶してるのですが、結局スマホで暇潰しにゲームをするのであればやはりシューティングが良くて、かと言っていくら評判が良くても「アカとブルー」や「弾幕無限」のような完結型のシューティングをスマホでは本格的に遊ぶ気になれない。その折衷案として、ごまおつは最適だったのである。

そういうわけで、私は帰ってきたー。

ちなみに復帰したのはマリン水着(?)とかそんな感じの乙女たちがタイトル画面に使われていた頃だ。復帰した時のタイトル画面がコレ。

今思えばこのスフレ超かわいいな。

5乙女たちはどんどんビジュアルが変わっていくのに対して、中央にいる主人公の真少年は相変わらずコピペされる構成に懐かしさと安堵を覚えます。というより、5乙女が真少年のスタンドPOPを取り囲んでるように見えなくもない。いや、むしろそうとしか見えなくなってきた。真少年は、スタンドPOP。

ストーリーを一気に進めた

ごまおつはシューティングのくせにストーリーが結構好きなので、溜まっていたストーリーを一気に進めた。

溜まっていたのは主に学園編だったのですが、やっぱチコの絡みのあたりが読んでて感情移入する。入学時に感じた謎の黒い魔力の正体が、まさかチコから発せられていたとは全く思わなくて不意を突かれたし、チコのちょいヤンデレっぽいところとか、エリオの苦悩とカレンの叱咤激励など、結構感情を引かれていく話が見られて満足です。

学園編、かなり良かった。

諦めかけるエリオ。それを許さないカレン。やっぱ怒ってくれる、叱ってくれるヒロインってのは魅力的だ。

ボロボロのチコを黒い魔力から救い出すエリオ。いいシーンだったし、絵がめちゃめちゃ綺麗である。

どうなる輝亡編

イベントの方で展開するストーリーとしては、やっぱり輝亡編が相当好みで面白かった。

スタンドPOP、もとい真少年が5悪魔を引き連れて魔界へ行っている間に、マリコ様という強力な敵のおばさんが出現。プルさんは言葉攻めに屈して全魔力を差し出した挙句に刺されてしまい、ラナンちゃんは騙されて全魔力を奪われてしまい、カトレアさんは民の盾になって石化され、スフレは逃走できたものの黒い火球の直撃を受けて重症という見事なまでのやられっぷりです。カトレアさんとスフレはともかく、プルさんとラナンちゃんは外野の私から見てもチョロかった…。

そんな中、ロザリーはいい仕事したと思います。というか強いこの子。魔導教団の意図を探るためにわざと魔錠に繋がれて拘束されたフリをしつつ、救援に来て返り討ちにされてる学園エンジェルたちを全員逃がして、最後は自分も自力でトンズラ。ちょっとカッコ良かった。キスしたい。

とはいえ、マリコ様の念願の超強いっぽい悪魔はついに儀式によって復活してしまう。

儀式を執り行うのは、顔の無い謎の少年(少女?)ロータス。正体が気になる。

5乙女はボロボロだし学園エンジェルたちでは歯が立たない。絶体絶命かと思われたその時、空が割けて異世界への扉が出現。そこから姿を現したのは、帰ってきた真少年と5悪魔たち…

…と、ジルバ。

…は? ジルバ?w

なんかジルバがいる。笑

To Be Continued.
マジかよ、めっちゃ気になるところで中断させられてしまった。笑
ジルバってそもそもこのゲームのラスボスっていうか、全ての元凶って立場だったと思うんですが、そんな超大物がいきなり味方っぽく登場して全てのプレーヤーは驚愕-PANIC-したはず。収拾がつくのか不安になるレベルである。

まあ、普通に楽しみだ。

使い魔の引きは上々

ガチャの引きは、まぁ自分ではそこそこいい方だったと思います。ちなみにたった今、2020年はロクなもの引けないフラグが立ったような気がしないでもない。

さてラナンちゃん信者であり、ラナンちゃん単トップ主義である私としては、ブリザードキルのラナンちゃんを2枚引けたこと…は吉報のはずだが、実は私にはブリザードキルの強さがいまいちよく分からないという問題が。笑

誰に訊いてもS級の強さらしいのですが、ヘルファイアの方が圧倒的に強く感じるマジで。まあ強さが分からないうちはバックで使って転生の準備だけはしておこうと思いますが、2020年に活躍させる事ができるのかどうか。

なお、絵は強い。間違いない。声もお化けの演技らしく、しっとりねっとり頑張ってるのですが、ラナンちゃん、フフ、それ全然怖くないよ。むしろ普段よりちょっとアダルティーで素敵。

後悔としては、本気マリコ様は頑張って引いときゃ良かったって話。2019年を締めるラスボスとしてせっかくカッコ良さそうな新ショットを引っ提げて登場したのに、なんかスルーしてしまったんだよ。え、なに、セブンソードって。強そうじゃない?

下半身がこんなにエロいって、もっと早く知ってりゃ頑張って引いてた。

このスタイルで出産経験アリ? は?

マリコ様は首から下が反則的。…だという事をわりと最近知った。

超当てずっぽうだけど2020年の4月くらいに輝亡編の復刻ばら撒きをやりそうな予感がするので、その時には頑張って引いてみよう。

2020年はとにかく石を貯めたい

微課金勢としては、石はとにかく貯めて大切に使いたい。

ここぞという時にしか使いたくない。

いくら超可愛いイラストのラナンちゃんが来たからといって、有用かどうかも分からん繋ぎポジのショット確定ガチャに溶かしてる場合じゃないのである。

…あれ?

口で言うのは簡単だが実行するのは難しい、という例。輝亡編で5乙女と同じくらいボロボロになった貯石ストックが、ようやく1000個まで回復したと思った途端にこのザマである。

自己管理というのは本当に難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です