数年前からの計画である「密かにSTGブログ化」を目論み中

「お姉チャンバラORIGIN」ちょっと暴力的な気分になったら買って1周して、そのあと売ればよい

唐沢

Cod:MW売り飛ばした金で、お姉チャンバラORIGIN買ったった。

シャオリン

私このシリーズ好き。観てるぶんには。

私が初めてお姉チャンバラをまともにプレイしたのは、2006年にXbox360でリリースされたVorteXだった。当時の私は痴漢戦士の一人としてゲハ戦争を戦っていたわけだが、痴漢戦士としての誇り半分、ネタ半分といった感じで何となく手に取ったソフト。それがお姉チャンバラVorteXだった。

パッケージから漂うクソゲー感とは裏腹に、実に面白いゲームだった。

何か爽快感のあるアクションゲームを手短に遊びたい気分になったとき、タイミング良くシリーズ最新作のORIGINが発売されたため、CoD:MWを売却した金でまんまと購入した次第だ。

基本的にはビキニのお姉さんが日本刀でゾンビをバッサバサ斬り倒していくというイロモノ感の高すぎるゲームで、なかなか他人にお勧めしづらいとこもあるのですが、一人でムッツリと爽快感と色気のあるゲームを遊びたい場合には有用です。CO-OPもPVPもありませんので。

難易度はノーマルを推奨。無難に行こうと思ってノーマルを選択したら主人公が「無難に行きましょ!」と喋って驚かされるという、どうでもいい小ネタ発生。心読まれてるのかと思った。

お姉チャンバラのアクションを偏に支える「クールコンボ」

このゲームのアクションは、クールコンボ、パリィ、見切り、暴走状態・忘我状態(HPが自然減少)の各要素を使いこなせるかどうかに掛かってる。修得すれば無双シリーズ以上に爽快だが、出来ないと正直つらい。

爽快なアクションの要、クールコンボ。できないと正直クソゲー化する。

だいたいの操作はこの手の3Dアクションによくある攻撃・回避・ゲージ必殺技あたりの要素がまとまっているのですが、このゲームは無双シリーズのようにボタン連打では立ち行かなくなります。というより、ボタン連打だけだと敵が固すぎて爽快感の薄いつまらないゲームとなり果ててしまい、劣化無双とか言われるのが目に見えてます。

このゲームを楽しむには、クールコンボの修得が必須。

クールコンボ自体は昔から存在するシステムですが、これはタイミング良く攻撃ボタンを押していくことで攻撃力、スピード、連続攻撃数が上昇するというもの。攻撃が当たった瞬間くらいに次の攻撃ボタンを押すことでクールコンボ成立になるのですが、これのおかげで程よい緊張感と、成功して繋がってる時のバサバサした爽快感がより沢山得られるわけです。

光の演出、血飛沫の演出、カメラの演出、グッシャグッシャというSE。

クールコンボが出来ないと正直すぐ飽きるか、そもそも気持ち良くなれないため注意されたし。クールコンボのボタン押しのタイミングは分かりやすく視覚化して表示させる事ができるので、タイミング良くボタンを押すという行為が人生通して苦手な方はこのシステムに頼ると良い。

刀に付いた血を払うリロード(攻撃力減衰補正を回復)、緊急回避といった行動もこのクールコンボに組み込むができ、コンボを継続できるという点が面白い。連続コンボの中で攻撃力を回復させたり敵の攻撃を回避する行動を挟めるのはなかなか斬新である。見栄えもいいし、超うまく操作できてる気になれます。

唐沢

このゲームの面白さの7割はクールコンボありき。クールコンボを出せねーと、ひたすらツラいぜ。

パリィで敵の攻撃を弾き返した瞬間。

パリィは今作からの新要素。格ゲー勢にはジャスガとか言うと伝わると思いますが、要するに敵の攻撃に合わせてボタンを押すことでその攻撃をはじき返し、反撃のチャンスが得られるというもの。

パリィに成功すると敵がスタン状態へ移行。一方的にボコったり、クールフィニッシュという必殺技を出す事も可能。

クールフィニッシュは威力はそこそこ。敵がスタンしていればタダで撃てるのが強み。

敵の攻撃を直前で回避すると見切り成功となり、エクスタシーゲージが上昇していき、MAXになるとエクスタシーが得られる。気持ち良くなるのだ。つまり、エクスタシーコンビネーションという必殺技が撃てる。クールフィニッシュよりも高威力で更にスタン状態へ移行させるという信頼性の高さ。正直なところ、パリィが出来なくても見切りを繰り返してエクスタシーコンビネーションで始末する戦術の方が有用かもしれない。ボスにも有効だし。

パリィも見切りも出来ないとなると…

ボス戦は詰むので注意が必要だゾ。

いや、でもちょっと待て。私は殆ど使わなかったけど、ボス戦でもポーズメニューのスマホから回復アイテム類が好きに買えるノンストレス設計だし、金に物言わせて買い込めば倒せない敵なんか居ない気もしてきた。無敵になれるアイテムもあるし。

アイテムや装備品は戦闘中だろうがポーズメニューから購入可能。

シャオリン

ゲーム内マネーさえあればいつでも何個でも補充できるから安心ね。

ユンファオ

サプライチェーン完璧系主人公。

あと、「暴走」という強化状態と、さらなる強化状態の「忘我」というものがある。

これは主人公の設定にも絡んだシステムの一つで、敵の返り血を浴びまくって一定量を迎えると暴走開始、一定時間攻撃力が急上昇するというもの。敵がドロップする血晶アイテムによってHPを回復できる。また、本来はクールフィニッシュでしか倒せない敵を普通に斬れるようになる。

暴走すると…

ガングロになる。

ガングロになる。

私はガングロはイヤである。しかしガングロ状態での強さは折り紙付きだ。

さらにガングロ状態になったまま敵にヤキ入れ続けてると、そのうち更に一段階変身し、忘我状態になる。

忘我になると…

バケモノになる。

バケモノになる。しかもダサイ。

ガングロ以上にイヤですが、しかし強さはガングロ以上。圧倒的攻撃力を得られるだけでなく、なんとスーパーアーマー付与。スーパーアーマーというのは、敵の攻撃を受けても全然怯まなくなる状態のことだ。そして代償としてHPが自然減少していくが、敵を攻撃する事でHPは回復する。

つまり、この忘我状態になったらスーパーアーマーを盾に、防御なんか忘れてひたすら攻撃をし続けるべきなのだ。むしろ生き延びるために攻撃の手を止めてはならないレベル。

まぁアイデアは悪くないとは思うんですが、アクションやモーション自体は特に変化しないので面白味は薄い。やるならもっとモニターが過剰負荷でブッ壊れるくらいムチャクチャなインパクトが欲しかった感は否めない。

唐沢

ボタン一つで山が吹っ飛ぶくらいムチャクチャでも良かったんじゃねーかな。

シャオリン

そんなの作るの大変過ぎだけど、忌血の暴走の凄さが伝わるような演出は何かあれば良かったかもね。

ストーリーはこんなもんでいい

本作はお姉チャンバラ1と2のリメイク的な位置付け。ストーリーも流れ自体は当時と同じ。

ネタバレ無しなので具体的なことは書かないですが、主人公たち忌血族を巡るシリアスなストーリーや設定が用意されているシリーズなんですが、あんま壮大にやり過ぎてもシラけるので、適度にB級感が漂うこのくらいがちょうどいい塩梅と見た。血みどろのバリバリのアクションゲームの中で、ちょっと小休止といったくらいのつもりで安っぽいムービーを眺めとけばよい。

正直近年の大手タイトルとかと比べると(比べても仕方ないが)本当にショボいと思う。予算が有るとか無いとかの話じゃなくて、見せ方がワンレベル低い。なのでダラダラとやられないのが逆に好感で、ストーリーの流れを大体把握できれば十分と逆に考えよう。

主人公姉妹の実の親父。忌血の暴走によって自分を制御できなくなっている。

親父はいい人だった。彩と咲にこれからの生きる目的を与えたり、メタ的には彩の二刀流剣術と咲の格闘術(椿流撲殺術という物騒なネーミング)の設定に意味を与えたり。

しかし血が暴走して戦闘になると謎の仮面が装着されるのはイミフでちょっとウケた。

なぜ、仮面…?

ユンファオ

中の人は小山力也?

唐沢

そうだよ。
『本当に…すまないと思ってる!』

真面目なシーンでも「すまない…」とか言われると例の連邦捜査漢の鼻をすする音が聞こえてきそうで笑ってしまう。役が有名すぎるのも問題だなと思う今日この頃。笑

レイ。エロかっこいいお姉さんである。

情報提供してくれたりアイテムをくれたりする協力者。序盤からなーんか闇を抱えてそうな雰囲気を出してるのですが、敵なのか味方なのかよく分からないままストーリーが進んで行くっていう構成は、使い古されているはずなのに意外と自分は楽しめると再認識した今日この頃。あんたは私を解ろうとしてくれてたんだね、のくだりは結構好き。

咲ちゃん。一番エロい。

かわいい。お姉ちゃんに甘えまくりで、かわいい。

ちょっとツンケンできるのは甘えているから。

お姉ちゃんができて(というのもちょっとおかしいが)嬉しそうなところがかわいい。ショップでリングを買うと「お姉ちゃん、喜んでくれるかな」って言うところがかわいい。そんなお姉ちゃん大好きっ子だっけ…?反則だょ

かの有名な被攻略型妹ハーレムゲームの王たるシスプリを何週しても妹属性そのものに魅力を感じる事が無かった私だが、こんな血生臭いゲームで妹ちゃんというものの良さが分かりかけてきた。笑

口が悪いのも魅力である。イントネーションは「ブッ殺ぉーす!」

キャラ性能的には彩よりも巨大な太刀をブン回すというロングリーチ・パワータイプ。または椿流撲殺術という格闘攻撃。格闘は太刀に完全に食われてる気がするので魅力が薄いが、太刀でのクールコンボでゾンビを次から次へとジェノサイドしていくのは相当気持ちいい。

クールフィニッシュは彩の広範囲斬りとは対照的に、敵1体に対する投げ技。な・げ・わ・ざ。笑
敵によってモーションが変わるみたいですが、パワーボムや腕をへし折ってからのバックドロップなど、未成年女子にしては過激である。性質的には敵1体を確実に死亡させるのですが、衝撃波で周囲にいる敵をスタンさせる事ができるので、その敵をまた投げる、周囲の敵がスタンする、投げる、の繰り返しが可能で、強化ゾンビだろうが時間は掛かるが1体ずつ安全に仕留められます。

咲ちゃんがプロレス技で敵の身体を破壊するショーを延々と眺めていたい人にはオススメの戦術となっている。

もっとバリエーションが多ければリョナ勢にウケたかもしれない。

シャオリン

ニッチな市場を拾っていこう、てきな。

唐沢

にしてもマニアックすぎるわ!

ユンファオ

(でもD3パブリッシャーはそういうの拾ってく会社だと思うけど)

人にお勧めするにはちょっと勇気のいる作品である。

まずこの設定、このノリ、このタッチのグラフィックに付き合える人でないとプレイすること自体厳しいし、次に最低限クールコンボと見切りが出来るようでないとこのゲームのアクションの面白さは全く伝わらない。

クールコンボや見切りはタイミングを視覚的に表示させたり、入力受付猶予を緩和する補助装備も存在するので救済はあるが、それでもアクションがド苦手だという人にはやや厳しい印象を受ける。

価格のわりにやり込み要素は高難易度モードとサバイバルモードくらいのもんなので、そもそもお試しのつもりで買ってみて、ストーリーを1周クリアしたら売却、肌に合わなくても売却、という方向性はアリかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です